野田市が抱える問題

野田市は現在、高齢化という問題を抱え、今までのやり方が通用しない段階に来ています。しかし一方で、野田市の行政は旧態依然としていて隣接自治体に比べ著しく遅れをとっており、また議会も高齢化するなかで、しがらみのない人材による、市政の若返りが必要です。


野田市の人口問題

超少子高齢化と若者の転出で地域の高齢化が加速する


取り残される野田市

民間感覚を取り入れた経営がこれからの自治体には必要不可欠


組織の活性化が重要

議員の若返りと経験豊富な人材の流入が市政には必要


身を切る改革が必要

財源の確保が厳しい市政運営において議員組織を見直し財源を確保


仕事をしてこその報酬

28人の中で本当に野田市の将来を考えている政治家はいるのか